スピリット・オブ・ブライトリング表参道 by ISHIDA

トランスオーシャン

TRANSOCEAN CHRONOGRAPH 1915

main_photo_1

ブライトリングフェアも残すところあと4日となりました。。
充実したラインナップで皆様のご来店をお待ちしておりますので
ぜひこの機会にお越し下さいませ。
特別なブライトリンググッズもご用意しております。

1915年、ブライトリングは、独立した専用プッシュボタン機構を
備えた腕時計クロノグラフを発表。
後に、リセットボタンも独立し、こんにちのクロノグラフのデザインに
発展していくわけですが、

トランスオーシャン・クロノグラフ1915は、
そのクロノグラフの原型ともいえるモデルを、
自社ムーブメントを採用し、現代の技術で復活させたモデルです。

機構のおもしろさも注目のモデルですが、
それ以外にも注目して頂きたいのがダイヤルです。
トランスオーシャンシリーズ唯一の
アラビアインデックスモデルとなりまして
クラシカルなデザインが強調されて
より趣のある雰囲気に仕上がっています。


世界限定1915本と大変希少なモデルとなりますので
ご検討の方はぜひ当店までお越し下さいませ。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。



品番:A019B99OCA
43mm 100m防水 ブライトリングB14搭載
¥1,000,000-+TAX

記:鈴木(友)

スピリット・オブ・ブライトリング表参道HP
http://www.spiritofbreitlingomotesando.com

ブライトリング 世界限定モデル

2015年最後のフェアも27日をもちまして終了致しました。
沢山の皆様にご来店頂き誠に有難うございました。

フェアは終了致しましたが店舗は年内休まず営業致します(31日は18:00頃までの営業となります)
引き続きお近くへお越しの際は是非お気軽にお立ち寄りくださいませ。

さて本日ご紹介させて頂きますモデルは
シンプルかつクラシカルなデザインで人気のトランスオーシャンDAY&DATE。
コチラのモデルに世界限定1000本のモデルが登場致しましたので
ご紹介させて頂きます。

#‎TRANSOCEANDAY‬&DATE
Ref:A451C21WBA ¥660,000- +TAX
ケース径:43㎜ 防水性能:100M防水
ムーヴメント:ブライトリング45(自動巻き)
002

今年はブライトリングのみならず各メーカーブルーの文字盤が
新作、限定モデルで多く見受けられた年でしたが
ブライトリングのブルーはやはり独特で昔からお好きな方も
多いのではないでしょうか。

今回のトランスオーシャンDAY&DATE BLUEEDITIONも
数が少ないモデルとなりますので是非店頭にてご覧くださいませ。

記/品川


★年末年始営業時間★
2015年
12月30日迄 通常営業
12月31日  18:00頃までの営業となります
2016年
1月1日、2日 休業日
1月3日 12:00~20:00
1月4日より 通常営業

◆修理品の受付◆
12月24日~1月6日
※各メーカー修理受付業務が休みの為、時計のお預かりを控えさせていただきます。

■ウォッチドック受付■
12月19日~1月4日
※下記の期間は混雑状況により、ウォッチ・ドックによる点検が対応ができず、お預かりができない場合がございます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

ブライトリング トランスオーシャンシリーズ

早いもので、バーゼルフェアも約2か月後に迫っております。
今年はどんなモデルが発表されるか楽しみな時期になりました。

そこで今回はトランスオーシャンシリーズから
代表モデルのこちらをご紹介させて頂きます。

#トランスオーシャンクロノグラフ
Ref:A015G24KBA ¥840,000- +税
ケース径 43㎜ 防水性能100m防水
ムーヴメント BREITLING Cal.01
TransoceanChronograph_102

1950~60年代のもっとも美しいクロノグラフを彷彿とさせる
トランスオーシャンクロノグラフ。
単なる復刻ではなく、最先端のテクノロジーによって
クォリティが追求されていることも魅力の一つです。
文字盤の外周がわずかに曲面を描いているのは、
最高品質のサファイアクリスタルを採用しながら
往年のミネラルクリスタルの雰囲気を再現するためのもので
そのこだわりも魅力のモデルです。

※在庫状況は常に変動致します。
予めご承知おきくださいますようお願い申し上げます。

*ブライトリングセルフィー(自撮り)コンテストに参加しよう!!
新宿店にて、お客様ご自身の時計はもちろん、店頭の時計を着用して撮影頂けます。
ぜひお好きなブライトリングの時計を着けてセルフィーした写真でコンテスト優勝を目指しましょう♪
セルフィーバナー

色々な時計のホームページをご覧になられていらっしゃる
皆様には今回のご紹介モデルがなぜトランスオーシャンシリーズなのか、、、。
Shop Information
SalesMaster
Recent Comments